証券会社の口座開設数一覧2018~IPOのライバルが少ない所が浮き彫りに~

「2018年の証券会社の口座開設数一覧」

「IPOがなかなか当たらない・・・穴場の証券会社ってないのかな・・・」

IPO初心者の人に限らず、IPO投資をしている人なら誰もが抽選という高い壁にぶつかります。落選続きの人も少なくはないでしょう。

当選しにくい理由の1つとして考えられるのは、抽選参加者が多いからです。当たれば大きな利益を出せるIPOですから、多くの人が抽選に参加するのは必然と言えます。参加者が多くなればなるほど、当選確率は低くなりますよね。

では、どうやったら当選しやすくなるのでしょうか?それを考えるにあたっては、さきほどの当選しにくい理由を逆手にとってみてはいかがでしょう。つまり、抽選参加者が少ない証券会社、言い換えると口座開設数が少ない証券会社から申し込めば良いのです

そこで今回は、主な証券会社の口座開設数を一覧で紹介したいと思います。穴場の証券会社を探している人は是非参考にしてくださいね。

証券会社の口座開設数一覧2018年

ではさっそく2018年3月時点における各証券会社の口座開設数を一覧で紹介していきます。2018年における各社の幹事実績も併せて記載しておくので参考にしてくださいね。

証券会社口座開設数幹事実績
いちよし証券16万 *19件
岡三オンライン証券17万31件
水戸証券17万7件
東洋証券20万10件
アイザワ証券24万11件
GMOクリック証券34万0件
岩井コスモ証券42万25件
岡三証券50万31件
カブドットコム証券108万15件
松井証券113万4件
みずほ証券174万51件
マネックス証券176万36件
楽天証券261万3件
大和証券321万20件
SMBC日興証券332万49件
SBI証券426万62件
野村證券531万 *25件
* 野村證券といちよし証券については残高のある口座数を表示しています。その他の証券会社については、開設されている口座数となっています(数値は各社のIR資料などを参考にしています)

また、幹事実績は2018年10月12日に上場したイーソル株式会社までを計上しています。

大手の野村證券やSBI証券などと比較すると、いちよし証券から岡三証券までは口座開設数が少ない証券会社となるでしょう。いちよし証券に限って言えば、野村證券の約33分の1の口座開設数になっているので、かなり少ないと言えますね。

【参考】2017年の証券会社口座開設数一覧

参考情報として、2017年3月時点における各証券会社の口座開設数も一覧で紹介しておきます。幹事実績は2017年中の数値です。

証券会社口座開設数幹事実績
岡三オンライン証券13万23件
いちよし証券16万 *34件
水戸証券17万9件
アイザワ証券19万10件
東洋証券21万16件
GMOクリック証券31万0件
岩井コスモ証券42万39件
岡三証券50万35件
カブドットコム証券105万27件
松井証券109万14件
マネックス証券170万47件
みずほ証券170万60件
楽天証券225万6件
SMBC日興証券280万71件
大和証券312万41件
SBI証券384万83件
野村證券536万 *38件
* 野村證券といちよし証券については残高のある口座数を表示しています。その他の証券会社については、開設されている口座数となっています(数値は各社のIR資料などを参考にしています)。

2017年と2018年の口座開設数を比較すると、ネット証券の多くがその数を増やしている傾向にあります。口座開設数の少ない証券会社に限っていえば、「岡三オンライン証券」と「GMOクリック証券」はそれぞれ3万ほど口座数を伸ばしています。

ちなみに、岡三オンライン証券が属する岡三グループは2023年の100周年に向けて、グループ合計で100万口座を目標に掲げているので、今後も口座開設数は続伸していくと思われます。

あと、アイザワ証券が5万ほど口座が増えていますが、これは合併した日本アジア証券の口座分が加算されたためです。アイザワ証券単体では大きな伸びはありません。

口座開設数が少ない証券会社はIPOの狙い目

ど真ん中に矢が刺さったたくさんの的

証券会社の口座を開設していなければ、IPOのブックビルディングに参加する事はできません。つまり、口座開設数が少ない証券会社では、抽選に参加する人数も少なくなります。抽選に参加する人数が少なければ、当選する期待も高まりますよね。

極端な例を挙げれば、当選本数が1本の抽選に10人が参加した場合と100人が参加した場合では、どちらが当選しやすいのか?という話です。当然10人が参加した場合ですよね。実際にIPO抽選に参加する人数は不明ですが、さきほど紹介した口座開設数の一覧を見れば、あながち極端な例ではないかもしれません。

そのため、口座開設数の少ない証券会社はIPOにおいて狙い目の証券会社となります。具体的にオススメする証券会社は以下の4社です。幹事実績に着目してピックアップしました。

いちよし証券と岡三オンライン証券は、IPOの抽選に参加するための資金が不要なので、限られた資金でIPO投資をしている人の強い味方となってくれます。

資金不要!IPOの抽選に前受金0円で参加できる証券会社7社

2018.07.19

また、岩井コスモ証券は後期型の証券会社なので、前期型との抽選日のズレを利用して資金効率をUPさせる事ができます。

前期型との違いを活かせ!IPO後期型の証券会社で資金効率・抽選回数をUP

2018.07.31

そして岡三証券は資金拘束のルールが緩いので、複数銘柄でブックビルディング期間が被っても同一資金でIPOに申し込む事ができます。

【資金拘束のタイミング一覧表】同一資金で複数のIPOに申し込める証券会社もチェック!

2018.10.01

これらの証券会社の中でまだ口座開設をしていない証券会社があれば、是非検討してみてくださいね。

ただし!IPO投資の基本は保有口座数を増やす事

たくさん口座を保有しているイメージ

IPO投資の基本はなるべく抽選を受ける回数を増やして少しでも当選確率を上げる事です。そのためには、なるべく多くの証券会社の口座を保有しておき、どの証券会社が幹事になっても抽選に参加できるように準備しておく必要があります。

もちろん口座開設数の少ない証券会社から申し込むのは立派な戦略の1つです。ただそれだけではIPO投資全体の当選確率は上がってきません。

なお、口座開設数一覧表でも紹介したように、口座開設数の多い証券会社は幹事実績も多いという事がわかります。ライバルも多いが、チャンスも多い証券会社なんです。

どこが多い?IPOの主幹事・幹事実績ランキング2018

2018.07.17

そのため、少しでも多くの抽選にチャレンジできるように、なるべく多くの証券会社の口座を開設するようにしましょう。

まとめ

今回は主な証券会社の口座開設数を一覧で紹介しました。口座開設数の少ない証券会社は、IPOへの参加人数も少なくなるので、穴場の証券会社を探している人にとっては狙い目の証券会社になります。

IPOがなかなか当たらない・・・と困っている人は、今回オススメした証券会社からIPOのブックビルディングに参加してみてくださいね。

実はコツがある!IPO抽選の当選確率を上げる6個の方法

2018.06.02