【IPO】NATTY SWANKY(7674)のIPO情報!初値予想やスケジュール、主幹事などの情報を総まとめ!!

餃子居酒屋ダンダダン(出典:餃子居酒屋「ダンダダン」

株式会社NATTY SWANKYの上場承認が発表されました!餃子居酒屋「ダンダダン酒場」の直営及びFC運営を行う小売業を営む会社です。

吸収金額は19.3億円とマザーズ上場銘柄としては中型のIPOとなります。主幹事はSMBC日興証券です。

なお、3月6日時点のNATTY SWANKYの初値予想は以下の通りです(想定価格は3,270円、仮条件は3,140円~3,270円、公開価格は3,270円)。

NATTY SWANKYの初値予想
3,920円~4,570円(3月6日時点)

それでは、NATTY SWANKYのIPO情報について見ていきましょう。

NATTY SWANKYのIPO情報

銘柄 株式会社NATTY SWANKY
(HPはこちら
上場承認日 2月22日
証券コード 7674
上場市場 マザーズ
単位株 100株
業種 小売業
事業内容 餃子居酒屋「ダンダダン酒場」の直営及びFC運営事業

NATTY SWANKYは「肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場」を直営・FC(フランチャイズ)運営する飲食事業会社です。2018年12月時点で直営店47店舗、FC店19店舗を展開しています。出店している地域は、東京を中心に首都圏に集中。首都圏以外では愛知県に2店舗があるのみです。

店舗名にもあるようにメイン食材は「餃子」です。餃子に特化することによって、独自の製法とレシピの開発に成功。ご飯のおかず・お酒のつまみにも合うように作られています。

ダンダダンの肉汁焼餃子(出典:ダンダダン酒場

肉汁焼餃子以外にも水餃子や手羽餃子もあり、またそれ以外の肴も用意してあります。

また、接客サービスの特徴として「粋(いき)で鯔背(いなせ)な」接客を全店舗で統一して行っています。ちなみに「粋で鯔背な」とは、ざっくりいうと色気があって格好いい様子という意味になるそうです。江戸言葉のようですね。

では、NATTY SWANKYが行っている事業内容が分かったところで、IPO情報について見ていきましょう。

【株価情報】想定価格・仮条件・初値

想定価格 3,270円
仮条件 3,140円~3,270円
公開価格 3,270円
初値(騰落率) 3月28日以降に決定
上場後の株価 Yahooファイナンス

【公開規模】公開株数・吸収金額・比率

公開株数 *1 588,800株
公募株数 430,000株
売出株数 82,000株
OA 76,800株
吸収金額 *2 19.3億円
公募・売出比率 *3 公募:売出=84:16

*1 公募株数、売出株数及びOA(オーバーアロットメント)の売出株数の合計
*2 公開価格(3,270円)で計算
*3 OA(オーバーアロットメント)分は含めていません

【ロックアップ情報】

大株主の所有株数とロックアップの状況です。

下記表の所有株数は売出株数を控除した上場日時点の株数を表しています。目論見書に記載されている株主の状況とは異なるのでご注意ください。
株主 所有株数 ロックアップ
井石 裕二 523,000株 *1 180日間
田中 竜也 523,000株 180日間
株式会社BORA 240,000株 180日間
株式会社IKI 240,000株 180日間

*1 オーバーアロットメントによる売出株数76,800株を含む

上記大株主以外のロックアップも考慮すると、上場日における売り圧力はおおよそ以下のようになります。

■上場日時点の売り圧力

上場時発行済株式総数 2,038,000株
ロックアップ対象株数 1,526,000株
上場日時点の売却可能株数 588,800株

注1:オーバーアロットメントによる売出株数76,800株を「ロックアップ対象株数」「売却可能株数」両方に含めているので、合算した数値は発行済株式総数と一致しません。

株価暴落の原因!?IPOのロックアップとは?解除される期間・条件や対象株主は必ずチェック!

2018.03.12

【主幹事・幹事情報】当選を狙える証券会社はココ!

マネックス証券
引受幹事 割当株数 抽選対象株数 *1
(抽選配分割合)
SMBC日興証券
主幹事
563,400株 84,500株
(15% *2
SBI証券 7,600株 3,000株~3,800株
(40%~50% *3
みずほ証券 5,100株 500株
(10%)
いちよし証券 5,100株 500株
(10%)
三菱UFJMS証券 5,100株 500株
(10%)
マネックス証券 2,500株 2,500株
(100%)
裏幹事 カブドットコム証券
*1 各証券会社の抽選配分割合等のIPOルールに基づいて計算した予想株数です。参考として利用してください。
*2 完全平等抽選分は10%、ステージ抽選分は5%
*3 資金比例抽選分は28%~35%、IPOチャレンジポイント分は12%~15%

公開株数は588,800株。やや少なめの株数となっているので、当選しにくいIPOです。

そうした中で当選期待度が最も高い証券会社は、やはり主幹事の「SMBC日興証券」です。割当株数が圧倒的に多くなるので、当選を狙うなら申込は必須です。

次にオススメなのは「SBI証券」です。落選したとしてもIPOチャレンジポイントを貯められるので、ここも外せない証券会社となります。

そして僅差でオススメ3番手になるのが「マネックス証券」です。抽選配分割合100%ですから、割当株数が少なくても当選本数自体は多くなる証券会社です。

なお、いちよし証券は資金不要で抽選に参加できます。抽選資金を工面できないという人にオススメです。今回幹事入りしていませんが、その他に資金不要で抽選に参加できる証券会社は7社あります。以下の記事にまとめているのでチェックしてみてくださいね。

資金不要!IPOの抽選に前受金0円で参加できる証券会社8社

2018.07.19

【IPOスケジュール】抽選申込期間・抽選日・購入申込期間

NATTYSWANKYのIPOスケジュール
仮条件決定日 3月11日
抽選申込期間 3月12日~3月18日
抽選日(前期) 3月19日
購入申込期間 3月20日~3月26日
上場日 3月28日
* 抽選申込期間及び購入申込期間は、証券会社によって微妙に異なります。詳細は各証券会社にて確認してください。
後期型の証券会社であるカブドットコム証券が幹事(裏幹事)入りしています。カレンダーにも記載しているように、その他の前期型証券会社と抽選日が異なるので、以下に別途記載しておきます。
・岩井コスモ証券の抽選日・・・3月26日

前期型との違いを活かせ!IPO後期型の証券会社で資金効率・抽選回数をUP

2018.07.31

なお、日本ホスピスホールディングスフレアスなどとブックビルディング期間が被っているので、これらの銘柄のIPOスケジュールも併せて確認しておきましょう。

【財務・業績】

単位:千円
決算期 2016年6月 2017年6月 2018年6月
売上高 1,390,273 2,028,382 2,939,472
経常利益 55,318 68,596 157,624
当期純利益 38,311 23,099 112,043
純資産 67,491 90,591 202,634

■1株当たりの情報

単位:円
決算期 2016年6月 2017年6月 2018年6月
EPS 189,788.10 14.36 69.67
BPS 251,835.76 56.33 126.01
配当

NATTY SWANKYのIPO初値予想

まずおおまかな所見を述べると、NATTY SWANKYの初値は「ややプラス」になると予想しています。

初値に関するプラス要素は「公開株数」「公募株数」「成長性」及び「業種」の4点です。

公開株数についてですが588,800株となっており、比較的少ない株数となっています。大株主にVCは存在しておらず、ロックアップも満遍なくかかっているので初値上昇を抑え込むような売り圧力とはなりません。

また、公開株数に占める公募株数の割合が84%と高い点も初値にプラスに働きます。想定価格ベースでの吸収金額19.3億円のうち14.1億円(IPOのための諸費用を含む)が会社へ払い込まれ、今後の成長の為の投資へと回されます。ちなみに、IPOで得た資金の使徒は新規出店に伴う人件費や差入保証金、固定資産の取得費用などに充当されます。

そして、2017年3月期に減益している点を除けば、売上・利益ともに順調に成長しています。また、出店数は2014年6月期の6店舗から2018年12月末時点で66店舗まで増加。さらに2020年6月期に15店舗の新規出店を予定しています。

natty swankyの店舗数(出典:有価証券届出書

最後に業種についてですが、飲食系のIPOは意外と人気が高いです。過去の飲食系IPOの結果がこちらです。

  • ギフト:+77.51%(吸収金額24.7億円)
  • 一家ダイニングプロジェクト:+173.47%(吸収金額7.1億円)
  • スシローグローバルホールディングス:-4.72%(吸収金額760.8億円)
  • 力の源ホールディングス:+271.67%(吸収金額6.9億円)
  • ユナイテッド&コレクティブ:+177.78%(吸収金額4.8億円)

規模的にはギフトが参考となるでしょうか。

また、飲食系の企業は上場後に株主優待を導入する事が多く、それを期待して買いに入る投資家もいるはずです。店舗が首都圏に限られているので、株主優待目的の買いはあまり期待できませんが・・・。

一方、初値に関するマイナス要素は「吸収金額」と「同時上場」の2点です。

吸収金額は想定価格ベースで19.3億円となっており、中型規模のIPOとなっています。やや荷もたれ感があるので、初値上昇のマイナス要因となるでしょう。これぐらいのサイズなら単独上場であれば問題無かったかもしれませんが・・・。

残念ながら同時上場銘柄があるんです。しかも3社同時上場。NATTY SWANKYが上場する3月28日には、「日本ホスピスホールディングス」と「フレアス」も上場します。投資資金が分散してしまうので、そこそこの規模のNATTY SWANKYにはけっこうな痛手となるでしょう。

こうした事を総合的に考慮して、IPOタイムズとしてのNATTY SWANKYの初値予想は以下の通りとしています(想定価格は3,270円、仮条件は3,140円~3,270円、公開価格は3,270円)。

NATTY SWANKYの初値予想
3,920円~4,570円(3月6日時点)
初値のプラス要素 初値のマイナス要素
やや少ない公開株数 中規模の吸収金額
高い公募株数の割合 3社同時上場
成長性○
人気の飲食系

まとめ

今回はNATTY SWANKYのIPOについて紹介しました。

3社同時上場という事でなかなか予想しにくい面もありますが、公開価格を上回る初値になると予想しています。IPOの地合次第というところもありますので、直近のIPOの結果もしっかりとチェックするようにしましょう。

では、最後にNATTY SWANKYのIPOにオススメの証券会社を一覧で紹介しておくので抽選に参加する人は参考にしてくださいね。

おすすめ幹事証券一覧
スポンサーリンク