【岡三証券】IPOルールを解説!申し込み前にチェックしておきたい抽選方法や資金ルール

岡三証券のIPOルール

主幹事実績もあり、口座開設数も比較的少ない岡三証券でIPO投資を始めようと思っている人は多いのではないでしょうか?既に口座を開設した人もいるでしょう。

岡三証券でIPO投資を始めるなら、やはりIPOの取引ルールを押さえてべきです。採用されている抽選方法やその抽選に配分される株数の割合、そして入金が必要なタイミングなど。こうした事はIPOに申し込む上で必須の知識になりますからね。

そこで今回は、岡三証券のIPO取引ルール(抽選方法・資金関係)や幹事実績、手数料などを余す事無く紹介していきたいと思います。

なお、以下に岡三証券のIPOルールなどをまとめていますので、ササッとポイントだけ押さえたいという人は利用してくださいね。ちなみに、「岡三証券」と「岡三オンライン証券」は同グループに所属する別会社です。それぞれIPOルールなどに違いがあるので、混同しないように注意してくださいね。

証券会社 岡三証券
抽選配分 100% 抽選時資金 必要
抽選方法 完全平等抽選
ステージ抽選
入金時期 抽選申込時
ペナルティ あり 資金拘束 なし
抽選結果 当選・落選 同一資金 可能
発表時間 18時以降 口座開設数 50万
主幹事実績 2016年 2017年 2018年
0件 4件 1件
幹事実績 29件 35件 47件
売買手数料
(1注文毎)
10万円 20万円 30万円
1,800円 1,800円 1,800円
40万円 50万円 100万円
2,300円 2,875円 5,750円
即時入金 サービスなし
NISAでIPO NISA口座及びジュニアNISA口座共にIPOの申込が可能
コメント 主幹事実績有り!資金拘束がないのでBB期間が重複しているIPOの抽選に同一資金で参加可能!
今すぐ岡三証券でIPO投資を始めたい人へ
岡三証券でIPO投資を始めるにはまず口座を開設する必要があります。口座開設手続き自体は5分程度で完了します。口座開設ページへのリンクを以下に用意しているのでご利用ください。

岡三証券のIPOルール

では、さっそく岡三証券のIPO取引ルールについて見ていきましょう。抽選編と資金編に分けて紹介していくので、それぞれチェックしてくださいね。

なお、当記事で紹介している内容は、2018年12月13日時点で岡三証券が公開している情報等を基に作成してます。

抽選編

まずは岡三証券の「抽選ルール」から見ていきます。

抽選方法は「完全平等抽選」と「ステージ抽選」を採用

岡三証券では「完全平等抽選」と「ステージ抽選」の2つの抽選方法が採用されています。

抽選方法の概要
  • 完全平等抽選:抽選参加者全員が同一の当選確率となる抽選方法
  • ステージ抽選:取引実績等によって当選確率が変動する抽選方法

抽選の順序は「① 完全平等抽選」「② ステージ抽選」です。基本的に完全平等抽選で落選となった人がステージ抽選の対象となります。

なお、ホットイシュー銘柄(超人気銘柄)以外の銘柄では、完全平等抽選で当選した人もステージ抽選の対象となります(例:200株の申込をして、100株が完全平等抽選で当選した場合、残りの100株の申込がステージ抽選の対象)。

先に行われる完全平等抽選は、取引実績や申込株数などに関係なく、申込者単位での抽選が行われるので、参加者全員が平等な抽選を受ける事ができます。

一方、その後に行われるステージ抽選は、取引実績に基づいて当選確率が優遇される抽選が行われます。普段から岡三証券で取引をしている人がIPO抽選で有利な扱いを受けます。

具体的な優遇内容は非公表ですが、各ステージの優劣や判定基準等は以下の通りです。

各ステージの優劣
【劣】 ステージT < ステージ1 < ステージ2 < ステージ3 【優】
なお、ステージ毎の配分数量に差をつけて、当選確率を優遇するシステムになっているようです。

ステージの判定基準

ステージ判定基準(3ヶ月合計)
ステージ1手数料50万円未満
ステージ2手数料50万円以上100万円未満
ステージ3手数料100万円以上
なお、インターネットからIPOの需要申告に参加した人は、取引実績等に関わらず「ステージT」となります。

ステージの判定期間及び適用期間

ステージの判定期間ステージの適用期間
9月~11月1月~3月
12月~2月4月~6月
3月~5月7月~9月
6月~8月10月~12月

上記の通り、ネットからIPOに申し込む場合には最も当選確率が優遇されない「ステージT」となります。そのため、オンライントレードではステージ抽選での当選は正直厳しいです。

なお、適用されるステージについて個別の連絡はありません。ご自身のステージが気になる人は支店等に確認してください。

抽選配分は100%

岡三証券は、個人顧客に配分する予定株数の100%を抽選によって配分します。

当社は、過度な集中配分及び不公正な配分とならないよう、原則として全量抽選の方法により配分を行っております。

(引用:岡三証券「募集等に係る株券等のお客様への配分に関する基本方針」

さきほども紹介したように、抽選方法は2つあります。それぞれの抽選配分割合は以下のとおりです。

  • 完全平等抽選:10%
  • ステージ抽選:90%

ルール上、全量抽選となっていますが、完全平等抽選には10%しか割り振られません。そう考えると、抽選配分10%としている他の証券会社と大差無い事になります。100%という数値に誤魔化されないようにしてくださいね。

なお、ネット証券のほとんどは完全平等抽選の配分割合が100%となっています。ネットからIPOに申し込む人は、ネット証券の方が当選に期待を持てると思いますよ。

IPOにおすすめのネット証券ランキング~幹事実績・抽選方法などを徹底比較~

2018.10.24

完全平等抽選で当選するのは1単元

岡三証券では、完全平等抽選において当選する数量を基本的に1単元(100株)までと定めています。

できるだけ多くのお客様に配分が行われるよう、一人のお客様への当選数量は1単位とさせていただきます。

(引用:岡三証券「募集等に係る株券等のお客様への配分に関する基本方針」

一方、ステージ抽選においては上記のような規定がないので、複数単元が当選する可能性はあります。

抽選結果は当選と落選の2パターン~補欠はなし~

岡三証券では、抽選結果の表示が以下の2パターンとなっています。

抽選結果の表示内容
  • 当選
  • 落選
コールセンターに電話をしてIPOの申込をした場合には「補欠当選」が発生します。オンライントレードでの申込には補欠当選はありません。

なお、抽選結果が発表されるのは、抽選日(公開価格決定日)の18時以降です。

当選辞退に対するペナルティ有り

岡三証券のオンライントレードでは、当選後の辞退に対して「それ以降のオンライントレードからの申込を受け付けない」というペナルティが課されます。

ペナルティが課される期間は明示されていないので、もしかしたら永久に利用不可となる可能性も。

また、補欠当選においても、電話連絡を受けた時に購入意思を示したにも関わらず購入申込をしなかった場合にはペナルティの対象となります。

このように岡三証券では、当選辞退に対してペナルティがあるので辞退を検討している人はこの点を十分検討するようにしてください。

岡三証券では、購入申込期間が開始初日(6時から翌1時)のみとなっているので購入申込忘れにも十分注意するようにしてくださいね。

資金編

では、続いて岡三証券の資金ルールについて見ていきましょう。

入金のタイミングは抽選申込時

岡三証券の入金タイミングは「抽選申込時」です。抽選に申し込むにあたって買付余力が必要になるので、申込前に必要な金額を入金しておきましょう。

なお、株式・投資信託などの保有資産が申込金額以上あれば、入金をしなくても抽選申込が可能です。ただし、当選後の購入申込時には現金余力が必要なのでその時点までに入金するようにしてください。

ちなみに、抽選申込期間の最終日は午前10時までが受付時間となっています。入金手続及び申込手続が間に合わないと抽選対象外となるので注意してください。

資金拘束なし!同一資金での複数銘柄への申込可能

岡三証券では資金拘束を受けないので、複数の銘柄のブックビルディング期間が重なっていても同一資金で複数銘柄の抽選を受ける事ができます。同一日抽選の銘柄でも可能です。

事例
A銘柄(必要資金20万円)とB銘柄(必要資金30万円)の銘柄があった場合、B銘柄の申込に必要な30万円を口座に入金すれば、その資金でA銘柄・B銘柄の両方に申込ができます(50万円を入金する必要はありません)。

このように必要資金が最大である銘柄の資金だけ入金しておけば、その他の銘柄の抽選にも参加できるので資金効率をUPさせる事ができます。幹事実績が豊富な岡三証券でこうした事ができるのは嬉しいですね。

なお、岡三証券以外にも同一資金で複数のIPO銘柄の抽選に参加できる証券会社があります。以下の記事にまとめているので併せてチェックしてみてくださいね。

資金効率UP!同一資金で複数のIPOに申し込める証券会社

岡三証券のIPO主幹事・幹事実績

続いて、岡三証券のIPO取り扱い件数について見てみましょう。

2016年~2018年における主幹事・幹事実績がこちらです。

 2016年2017年2018年
主幹事実績0件4件1件
幹事実績29件35件47件
IPO全体件数83件90件91件
幹事実績には主幹事実績の件数も含まれています。

実績件数は少ないですが、主幹事としてもIPOを取り扱う事がある証券会社です。しかも、取り扱うIPO銘柄は小型案件が多いので、初値の高騰に期待が持てる銘柄が多くなります。

【参考】2017年及び2018年に岡三証券が主幹事を務めたIPO銘柄一覧

銘柄公開株数公開価格初値
SIG342,700株2,000円4,665円
ミダック381,800株1,300円2,000円
トレードワークス241,500株2,200円13,600円
エコモット186,000株2,730円4,195円
フュージョン160,000株1,140円2,872円

また、安定して幹事入りもしているので、IPOの抽選に参加できる機会が多い証券会社となります。

なお、岡三証券は同グループ会社の岡三オンライン証券に幹事を務めているIPO銘柄の販売を委託するケースがかなり多いです。そのため、岡三証券が幹事入りしていれば、岡三オンライン証券も併せてチェックするようにしましょう。

IPOの裏幹事(委託幹事)とは?裏幹事実績の多い証券会社一覧

2018.08.23

【岡三オンライン証券】IPOルール(抽選・資金)を解説~前受金不要が最大の魅力~

2018.11.02

岡三証券の手数料

続いて、岡三証券の「売買手数料」と「入出金手数料」について紹介していきます。

なお、口座開設手数料・口座維持費はかかりません。

売買手数料

東岡三証券では、現物株式取引の売買手数料プランとして「1約定毎に手数料が発生するプラン」が用意されています。

手数料体系は以下の通りです(2018年12月時点、税抜、オンライントレードの場合)。

約定金額売買手数料
100万円まで0.575%
300万円まで0.425%+1,500円
500万円まで0.375%+3,000円
700万円まで0.35%+4,250円
1,000万円まで0.325%+6,000円
3,000万円まで0.25%+13,500円
5,000万円まで0.1%+58,500円
5,000万円超0.05%+83,500円
手数料の下限は1,800円、上限は250,000円。手数料の計算方法は、約定金額に割合を乗じ、加算額があればその額を加算します。

例えば、約定金額130万円の手数料は、130万円×0.425%+1,500円=7,025円となります。

なお、契約内容によって、上記手数料と異なる場合があります。

岡三証券の売買手数料は主要な証券会社の中で一番高いです。約定金額10万円でも手数料の下限となる1,800円がかかりますからね。手数料が安いネット証券と比較すれば、10倍~20倍も違ってきます。

IPO投資では売買手数料よりも抽選に参加して当選する事の方が大切なので気にする必要はあまりありませんが、その他の取引も行う人は手数料を他社と比較しておいた方が良いでしょう。

なお、以下に19社の手数料を比較した記事を載せておくので参考にしてください。

IPO投資にかかる売買手数料~証券会社の比較一覧表~

2018.10.11

入出金手数料

次に紹介するのは入出金時の振込手数料についてです。

まずは岡三証券の口座へ入金する方法について見ていきます。入金方法は2つで、それぞれの手数料及び反映時間は以下の通りです。

入金方法手数料反映時間
銀行振込無料 *確認次第
岡三カード入金無料即時
* 岡三証券が振込手数料を負担してくれますが、振込の際に取扱店等へ連絡が必要です。連絡しない場合にはお客様負担となる事があります。なお、経験上、ネットバンクからの入金では連絡しなくても手数料は無料でした。

このように、岡三証券には即時入金サービスがありません。そのため、取引までに時間的余裕がある場合はネットバンク等から振り込み、時間的余裕が無い場合は岡三カードでATMから振り込むようにしましょう。


続いて、岡三証券の口座からの出金方法について見ていきます。こちらも出金方法は2つで、それぞれの手数料等は以下の通りです。

出金方法手数料反映時間
振込依頼無料翌日以降
岡三カード出金無料即時

振込依頼はオンライントレードにログインして行います。インターネットを介して行えるので、手間という面ではこちらの方がラクです。ただ出金が振込先の口座に反映されるのに時間を要するので、急ぎの場合は岡三カードを利用して出金すると良いでしょう。

NISA口座及びジュニアNISA口座からIPOの申込が可能

岡三証券では、NISA口座及びジュニアNISA口座共にIPOの申込が可能です。

なお、通信取引口座では未成年口座の開設は出来ません。

岡三証券のIPOルールまとめ

今回は岡三証券のIPOルールなどについて紹介しました。

IPO投資をする上で主幹事を務める事がある証券会社を押さえておくのはポイントの1つです。引き受ける株数が多くなり、その分当選本数も多くなるからです。その点を考慮すると、少ないながらも主幹事実績のある岡三証券は口座を持っておきたい証券会社と言えるでしょう。

最後に岡三証券のIPOルールの特徴点をまとめておくのでチェックしておいてくださいね。

岡三証券のIPOルールの特徴点
  • 抽選方法は「完全平等抽選」と「ステージ抽選」を採用
  • 抽選配分100%
  • 当選辞退に対するペナルティ有り
  • 入金のタイミングは抽選申込時
  • 資金拘束なし!同一資金での複数銘柄への抽選申込が可能
スポンサーリンク