新規上場!フロンティアインターナショナル(7050)のIPO情報~初値予想・スケジュール・主幹事などの情報を総まとめ~

フロンティアインターナショナル(7050)(出典:フロンティアインターナショナル

3日連続のIPO上場承認が発表されました。今回新規上場を果たすのは「フロンティアインターナショナル(7050)」です。主幹事はSMBC日興証券。吸収金額21.3億円となっており、マザーズ上場銘柄としては中型規模のIPOです。

2月12日時点のフロンティアインターナショナルの初値予想は以下の通りです(想定価格は2,290円、仮条件は2,290円~2,410円)。

フロンティアインターナショナルの初値予想
2,650円~3,130円(2月12日時点)

業種は「サービス業」。事業内容は「イベント・PRや店頭販売等の総合プロモーション事業」です。

それでは、フロンティアインターナショナルのIPO情報を見ていきましょう。

フロンティアインターナショナル(7050)のIPO情報

銘柄 株式会社フロンティアインターナショナル
(HPはこちら
上場承認日 1月24日
証券コード 7050
上場市場 マザーズ
単位株 100株
業種 サービス業
事業内容 イベント・PRや店頭販売等の総合プロモーション事業

フロンティアインターナショナルは、消費者との直接的なコンタクトポイントにおいて、消費者に良質なブランド体験・顧客体験を届けることで、企業が抱えるマーケティングやセールスに関するあらゆる課題を解決する「Experience Solution Company」です。

フロンテイアインターナショナルの事業概略図(出典:有価証券届出書

フロンティアインターナショナルでは、各営業組織が企画から運営までを一貫して行うワンストップ体制でサービスを提供しています。主なサービス内容が以下の6つです。

  • イベントプロモーション
  • キャンペーンプロモーション
  • PR
  • スペースプロデュース
  • デジタルプロモーション
  • 店頭販売支援事業
なお、店頭販売支援事業は分社化され、100%連結小会社の株式会社フロンティアダイレクトがサービスを提供しています。

ちなみに、フロンティアインターナショナルが関わった主なイベント例としては、東京ガールズコレクションや東京国際映画祭などがあります。

では続いて、IPO関連の情報について見ていきましょう。

【株価情報】想定価格・仮条件・初値

想定価格 2,290円
仮条件 2,290円~2,410円
公開価格 2月20日に決定
初値(騰落率) 2月28日以降に決定
上場後の株価 yahooファイナンス

【公開規模】公開株数・吸収金額・比率

公開株数 *1 885,000株
公募株数 171,600株
売出株数 598,000株
OA *2 115,400株
吸収金額 *3 約21.3億円
公募・売出比率 *4 公募:売出=22:78

*1 公募株数、売出株数及びOA(オーバーアロットメント)の売出株数の合計
*2 予定の株数(決定するのは2月20日)
*3 仮条件(2,290円~2,410円)の上限価格をベースに計算
*4 OA(オーバーアロットメント)分は含めていません

【ロックアップ情報】

大株主上位10名の所有株数とロックアップの状況です。

下記表の所有株数は売出株数を控除した上場日時点の株数を表しています。目論見書に記載されている株主の状況とは異なるのでご注意ください。
株主 所有株数 ロックアップ
河村 康宏 2,502,000株 *1 180日間
渡邊 伸一郎 450,000株 180日間
古井 貴 250,000株 180日間
三晃繊維工業株式会社 200,000株 180日間
宗像 恒和 80,000株 180日間
江口 貴宣 14,000株 180日間
乗松 正 14,000株 180日間
松本 正樹 10,000株 180日間
野口 光幸 10,000株 180日間
株式会社シュン・トクラ・アンド・アソシエイツ 10,000株 公開前規制

*1 オーバーアロットメントによる売出株数115,400株を含む

上記大株主以外のロックアップも考慮すると、上場日における売り圧力はおおよそ以下のようになります。

■上場日時点の売り圧力

上場時発行済株式総数 4,353,000株
ロックアップ対象株数 3,559,000株
上場日時点の売却可能株数 885,000株

注1:オーバーアロットメントによる売出株数115,400株を「ロックアップ対象株数」「売却可能株数」両方に含めているので、合算した数値は発行済株式総数と一致しません。
注2:上場日時点の保有自己株式数24,400株を売却可能株数から控除しています。

株価暴落の原因!?IPOのロックアップとは?解除される期間・条件や対象株主は必ずチェック!

2018.03.12

【主幹事・幹事情報】当選を狙える証券会社はココ!

マネックス証券
引受幹事 割当株数 抽選配分割合
SMBC日興証券
主幹事
2月20日に決定 10%
SBI証券 同上 40%~50%
みずほ証券 同上 10%
マネックス証券 同上 100%
三菱UFJMS証券 同上 10%
カブドットコム証券
裏幹事
公表なし 100%

やはり主幹事である「SMBC日興証券」からの抽選申込は必須です。抽選配分割合は10%と低いですが、割当株数の多さから当選本数が幹事の中で最も多くなる証券会社です。

その次に当選期待度が高くなるのは「マネックス証券」と「SBI証券」です。

マネックス証券は抽選配分割合が100%となっており、おそらく主幹事を除いた幹事の中で最も当選本数が多くなる可能性が高いです。また、完全平等抽選が採用されているので、資産額・利用頻度等に関係なく、平等な抽選を受けられえます。

そして、SBI証券はマネックス証券より低い抽選配分割合となっていますが、40%~50%の抽選配分割合となっているので、その他の幹事よりも当選本数が多くなるはずです。また、IPOチャレンジポイントもあるので、将来のIPO当選期待度を高めるためにも抽選申込をしておきましょう。

もちろん、みずほ証券や三菱UFJモルガン・スタンレー証券からも抽選に参加した方が良いのですが、資金に限りが有る人は当選期待度の高い上記3社を優先して抽選申込をするようにしてくださいね。

なお、カブドットコム証券の裏幹事入りが決定しています。どれだけの株数を委託されるかは不明ですが、抽選配分割合が100%となっているので、みずほ証券や三菱UFJモルガン・スタンレー証券よりは当選確率にやや分が有るかもしれませんね。

【IPOスケジュール】抽選申込期間・抽選日・購入申込期間

フロンティアインターナショナルのIPOスケジュール
仮条件決定日 2月12日
抽選申込期間 2月13日~2月19日
抽選日(前期) 2月20日
購入申込期間 2月21日~2月26日
上場日 2月28日
* 抽選申込期間及び購入申込期間は、証券会社によって微妙に異なります。詳細は各証券会社にて確認してください。
後期型の証券会社であるカブドットコム証券が幹事(裏幹事)入りしています。カレンダーにも記載しているように、その他の前期型証券会社と抽選日が異なるので、以下に別途記載しておきます。
・カブドットコム証券の抽選日・・・2月26日

前期型との違いを活かせ!IPO後期型の証券会社で資金効率・抽選回数をUP

2018.07.31

なお、リックソフトスマレジなどの他のIPOとブックビルディング期間が被っているので、これらの銘柄のIPOスケジュールも併せて確認しておきましょう。

【財務・業績】

単位:千円
決算期 2016年4月 2017年4月 2018年4月
売上高 連結 10,711,875 12,193,467
単体 9,110,554 9,586,622 11,000,223
経常利益 連結 843,130 1,047,468
単体 525,265 754,187 948,561
当期純利益 連結 503,705 713,962
単体 315,747 471,582 636,223
純資産 連結 2,516,539 3,212,293
単体 2,008,088 2,414,521 3,032,271

■1株当たりの情報

単位:円
決算期 2016年4月 2017年4月 2018年4月
EPS 連結 116.60 172.10
単体 14,557.31 109.17 153.36
BPS 連結 606.25 774.61
単体 92,581.33 581.67 731.20
配当 連結
単体 750 1,140 1,300

フロンティアインターナショナルのIPO初値予想

吸収金額が仮条件(2,290円~2,410円)の上限価格ベースで約21.3億円となっており、マザーズ上場のIPOとしては中型案件となっています。やや重たい印象です。また、事業内容もイベント等の総合プロモーションという事で新規性に欠けます。

そうした事から初値が公開価格の2倍・3倍と高騰するイメージはわきません。また、「スマレジ」が同日上場となっており、注目度が高いスマレジに多くの資金が回る事が予想されます。

ただ業績は安定した成長を見せていますし、既存の上位株主には満遍なくロックアップが掛かっています。中型案件ではありますが、そこそこの初値を形成すると予想されます。

こうした事をトータルで考慮して、IPOタイムズとしての初値予想は現時点で以下の通りとしています(想定価格は2,290円、仮条件は2,290円~2,410円)。

フロンティアインターナショナルの初値予想
2,650円~3,130円(2月12日時点)

仮条件(決定日:2月12日)がどういったレンジになるのか、また、直前に上場する識学等がどういった初値を形成するのかなど、こういった点も1つポイントになってくるでしょう。

なお、仮条件が2,290円~2,410円となり、上限価格は想定価格より約5.2%上振れしました。それを受けて、2月6日時点の初値予想「2,510円~3,000円」も上記の通りやや上方修正しています。
初値のプラス要素 初値のマイナス要素
成長性○ 公開規模:中型
万遍なくロックアップ 同日上場銘柄あり
やや強気の仮条件

まとめ

フロンティアインターナショナルのIPOについて、抽選に申し込む上で知っておきたい情報をまとめてみました。

2月上場のIPO5銘柄の中ではおそらく注目度が最も低いIPOとなりそうです。ただマザーズ上場銘柄であり、安定した成長を続けているので、しっかりとした初値を形成してくれると予想しています。

公開株数(885,000株)も極端に少ない数ではないので、当選難易度も比較的低いです。こうした銘柄でIPOの当選を拾っていきたいですね(勝ちが付けば言うことなしです)。

では、最後にフロンティアインターナショナルのIPOにおいてオススメの証券会社を一覧で紹介しておくので参考にしてくださいね。

おすすめ幹事証券一覧
スポンサーリンク