新規上場!識学(7049)のIPO情報~初値予想・主幹事・スケジュールなど抽選に申し込む上で知っておきたい情報を総まとめ~

株式会社識学(7049)(出典:株式会社識学

株式会社識学(7049)のマザーズ市場への上場承認が発表されました。公開規模は小さく、2019年第一弾IPOというおまけ付きとなっているので、初値の高騰に期待が持てます。

1月31日時点の識学の初値予想は以下の通りです(想定価格1,640円、仮条件は1,640円~1,800円、公開価格1,800円)。

識学のIPO初値予想
3,000円~4,000円(1月31日時点)

業種はサービス業。事業内容は社名にもなっている「識学」を使った経営・組織コンサルティングです。また、識学をベースとしたwebサービスの開発・提供も行っています。簡単に言えば、企業の組織改革・生産性向上の支援を行っている会社です。

識学とは
人が事象を認識し行動に至るまでの思考の働き(=意識構造)に着目した独自の理論をベースにした組織マネジメント理論

2015年に設立してからたった4年で上場する事から、上場会社という形式上の信頼性だけでなく、生産性向上という経営・組織コンサルサービスの信頼性も担保する形になりますね。このスピード成長は上場後の顧客獲得の一助になると予想されるので、上場後の成長にも期待が持てます。

それでは、識学のIPOの情報について見ていきましょう。

識学(7049)のIPO情報

銘柄 株式会社識学(HPはこちら
上場承認日 1月16日
証券コード 7049
上場市場 東証マザーズ
単位株 100株
業種 サービス業
事業内容 「識学」を使った経営・組織コンサルティング、従業員向け研修、WEBサービスの開発・提供

【株価情報】想定価格・仮条件・初値

想定価格 1,640円
仮条件 1,640円~1,800円
公開価格 1,800円
初値(騰落率) 2月22日以降に決定
上場後の株価 yahooファイナンス

【公開規模】公開株数・吸収金額・比率

公開株数 *1 379,500株
公募株数 240,000株
売出株数 90,000株
OA 49,500株
吸収金額 *2 約6.8億円
公募・売出比率 *3 公募:売出=73:27

*1 公募株数、売出株数及びOA(オーバーアロットメント)の売出株数の合計
*2 公開価格(1,800円)ベースで計算
*3 OA(オーバーアロットメント)分は含めていません

【ロックアップ情報】

大株主上位10名の所有株数とロックアップの状況です。

下記表の所有株数は売出株数を控除した上場日時点の株数を表しています。目論見書に記載されている株主の状況とは異なるのでご注意ください。
株主 所有株数 ロックアップ
安藤 広大 845,000株 *1 180日間
福冨 謙二 513,000株 180日間
株式会社ARS 380,000株 180日間
K&Pパートナーズ2号投資事業有限責任組合 240,000株 90日間又は1.5倍
株式会社ベクトル 28,000株 公開前規制
Team Enagy株式会社 22,000株 180日間
株式会社五十畑 22,000株 180日間
REGAIN GROUP株式会社 22,000株 180日間
株式会社チェンジ 22,000株 180日間
株式会社オークファン 14,000株 公開前規制
識学従業員持株会 14,000株 *2 180日間

*1 オーバーアロットメントによる売出株数49,500株を含む
*2 親引け予定分

上記大株主以外のロックアップも考慮すると、上場日における売り圧力はおおよそ以下のようになります。

■上場日時点の売り圧力

上場時発行済株式総数 2,440,000株
ロックアップ対象株数 2,124,000株
上場日時点の売却可能株数 365,500株

注1:オーバーアロットメントによる売出株数49,500株を「ロックアップ対象株数」「売却可能株数」両方に含めているので、合算した数値は発行済株式総数と一致しません。

株価暴落の原因!?IPOのロックアップとは?解除される期間・条件や対象株主は必ずチェック!

2018.03.12

【主幹事・幹事情報】当選を狙える証券会社はココ!

マネックス証券
引受幹事 割当株数 抽選配分数
(抽選配分割合)
SMBC日興証券
主幹事
346,500株 34,600株
(10%)
SBI証券 9,900株 3,900株~4,900株
(40%~50%)
マネックス証券 6,600株 6,600株
(100%)
楽天証券 6,600株 6,600株
(100%)
松井証券 3,300株 2,300株
(70%)
いちよし証券 3,300株 300株
(10%)
エース証券 3,300株 ネット抽選無し
:抽選配分数は、割当株数に抽選配分割合を単純に乗じた株数です。抽選対象となる株数のおおよその数値を表していますので参考として利用してください。

当選本数が最も多くなる主幹事の「SMBC日興証券」からの申込は必須です。そして、抽選配分割合が高いネット証券の「マネックス証券」「楽天証券」「SBI証券」「松井証券」も当選に期待が持てます。

申込資金が厳しい・・・という人にオススメなのは「楽天証券」と「松井証券」です。楽天証券は後期型なので、抽選タイミングのズレを利用して資金効率を上げる事ができます。また、松井証券は資金不要で抽選に参加できます。

【IPOスケジュール】抽選申込期間・抽選日・購入申込期間

識学のIPOスケジュール
仮条件決定日 2月5日
抽選申込期間 2月6日~2月13日
抽選日(前期) 2月14日
購入申込期間 2月15日~2月20日
上場日 2月22日
* 抽選申込期間及び購入申込期間などは、証券会社によって微妙に異なります。詳細は各証券会社にて確認してください。
後期型証券会社の抽選は以下の日程で行われます。これらの日付が各証券会社(後期型)の購入申込期間最終日となるので注意してください。
・楽天証券・・・2月19日

前期型との違いを活かせ!IPO後期型の証券会社で資金効率・抽選回数をUP

2018.07.31

【財務・業績】

単位:千円
決算期 2016年2月 2017年2月 2018年2月
売上高 119,653 317,871 755,023
経常利益 3,039 -7,548 69,320
当期純利益 1,880 -6,682 42,255
純資産 2,380 45,697 76,953

■1株当たりの情報

単位:円
決算期 2016年2月 2017年2月 2018年2月
EPS 188,030 -3.34 19.46
BPS 238,030 20.77 35.69
配当

識学のIPO初値予想

「識学」という独自のマネジメント理論及び右肩上がりの成長を鑑みると、IPOで人気化しにくいコンサルティングという事業内容とはいえ、初値には良い影響を与える事が予想されます。

また、公開株数や吸収金額などの需給面から見ても、小型IPOとなっており、初値が上昇する要素が多いです。そして、新年1発目のIPOである事や昨年の最後のIPOから約2ヶ月が経過しての上場という事で、上場日に識学に資金が投入されやすい土壌が出来ています。

そして、初値にマイナスの影響を与える要素はあまり見当たりません。こうした事から識学のIPO初値は大きくプラスになる事が予想されます。

なお、2月5日決定された仮条件は1,640円~1,800円とやや強気な設定となりました(想定価格1,640円、公開価格1,800円)。

識学のIPO初値予想
3,000円~4,000円(1月31日時点)
初値のプラス要素 初値のマイナス要素
公開株数が少ない
吸収金額が小さい
公募売出比率が高め
成長性
上場市場がマザーズ
新年第一弾のIPO
やや強気の仮条件

なお、新年第一弾のIPOはここ数年好成績を残しています。10年というスパンで見ても、9勝1分の戦績です。新年第一弾のIPOについて詳しく知りたい人は以下の記事をチェックしてみてくださいね。

新年第一弾IPOは初値高騰必至!?直近3年間は絶好調!2019年はどうなる?

2018.12.21

最後に、ロックアップについてですが、上位10人の大株主に対しては満遍なくロックアップが掛かっています。ただ、ベンチャーキャピタルの「K&Pパートナーズ」は、原則90日間のロックアップが掛かっていますが、公開価格の1.5倍で解除される条件が付されています。

この壁を突き抜ける事ができれば、予想以上のプラスリターンになるかもしれませんね。

まとめ

識学のIPOについて、抽選に申し込む上で知っておきたい情報をまとめてみました。

「2019年第一弾のIPO」「吸収金額6.2億円の小型IPO」など、初値が上昇する要素が多いIPOとなっているので、全力で抽選に参加していって良いと思いますよ。

最後に識学のIPOにおいてオススメの証券会社を一覧で紹介しておくので参考にしてくださいね。

スポンサーリンク