新年第一弾IPOは初値高騰必至!?直近3年間は絶好調!2019年はどうなる?

新根第一弾IPO

12月のIPO集中期を終え、既に新年第一弾のIPOの発表を待ち遠しく思っている人もいるかもしれません。例年、1月及び2月はIPOの閑散期となるので、鼻を長くして待つことになるでしょう(首だよ!)。

新年1発目のボケがスベったところで、新年第一弾となるIPOの分析結果について触れていきたいと思います。

実は、新年第一弾のIPOには1つの傾向があるんです。それは「初値が高騰しやすい」という傾向です。直近3年間で言うと、初値騰落率が300%前後にもなっているんですね。否が応でも一発目のIPOには期待が高まってしまうものです。

それでは、2019年の新年第一弾のIPOに期待を込めつつ、今回の初値分析結果について見ていきましょう。

過去10年の新年第一弾IPOの初値一覧

さっそく新年第一弾のIPO初値一覧について見ていきましょう。過去10年分(2009年~2018年)のデータを以下にまとめています。

なお、REIT銘柄はこの分析に含んでいません。REITの初値一覧については「【REIT(リート)のIPO】過去銘柄一覧から見えるIPO投資スタンス」をご覧ください。
銘柄名 公開価格 初値
(騰落率)
2018年 Mマート 1,240円 5,380円
(333.87%)
2017年 シャノン 1,500円 6,310円
(320.67%)
2016年 はてな 800円 3,025円
(278.13%)
2015年 Keeper技研 2,120円 3,160円
(49.06%)
2014年 アキュセラ・インク 1,800円 2,300円
(27.78%)
2013年 メドレックス 1,000円 2,200円
(120.00%)
2012年 マックスバリュ九州 1,250円 1,300円
(4.00%)
2011年 駅探 2,780円 5,530円
(98.92%)
2010年 アニコムHD 2,000円 4,000円
(100.00%)
2009年 大研医器 1,150円 1,150円
(0.00%)

目を引くのはやはり直近3年間(2016年~2018年)に上場した「Mマート」「シャノン」及び「はてな」の3銘柄ですね。公開価格に対してどれだけ初値が変動したのかを表す初値騰落率が300%前後にもなっています。当選した人はまさにお年玉を貰った気分でしょう。

この3銘柄の初値騰落率が突出しているので、その他の銘柄の値が霞んでしまいますが、100%前後の初値騰落率となったのが3銘柄もあります。

一方、初値が振るわなかった新年第一弾銘柄もあります。初値騰落率が4%となった「マックスバリュ九州」と初値騰落率が0%の「大研医器」です。過去にはこうした銘柄もあるので、あくまで新年第一弾IPOは初値が高騰する“傾向がある”という風に考えておきましょう。

新年第一弾のIPO初値が高騰しやすい理由

では、なぜ新年第一弾のIPOの初値が高騰しやすいのでしょうか?それは、「前年最後のIPOの上場日」から「新年第一弾のIPOの上場日」までの間隔が長くなっている事が1つの理由として挙げられます。

IPOの間隔(2018年の事例)

久しぶりのIPOとなれば多くの資金がブックビルディングで積み上げられます。しかし、当選株数には限りがあるので、多くの資金が抽選から漏れる事になります。その漏れた資金が、上場日にその銘柄へ一気に流れ込むので初値を押し上げる要因となるのです。

また、IPOは上場初日に株価が大きく変動するので、そのボラティリティ(価格の変動率)を狙うデイトレーダーの資金も集まってきます。

つまり、上場日の間隔が空く事によって、投資資金がIPOに集中しやすい状況が作り上げられ、初値を押し上げる要因となるんですね。

逆に言えば、上場日が同一日となるIPOでは、投資資金が分散するので初値にはマイナス要因となります。

では、各年の「前年最後のIPO上場日」と「新年第一弾のIPOの上場日」の間隔が実際どうなっていたかを見てみましょう。

前年最後のIPO上場日 新年第一弾IPO上場日 上場日の間隔
2018年 12月26日 2月23日 59日
2017年 12月27日 1月27日 31日
2016年 12月25日 2月24日 62日
2015年 12月26日 2月12日 49日
2014年 12月24日 2月13日 52日
2013年 12月21日 2月13日 55日
2012年 12月22日 2月22日 63日
2011年 12月21日 3月3日 73日
2010年 12月25日 3月3日 69日
2009年 12月19日 3月12日 84日

このようにどの年もかなりの間隔が空いている事が分かります。ここ10年の平均は59.7日です。

毎年、新年第一弾のIPOでは「長い間隔⇒資金の集中」という流れになっているので、初値が高騰する事に期待を持って新年一発目の抽選に参加してみましょう。

もちろん、”新年第一弾のIPO”というだけで初値が決まるわけではありません。やはり各銘柄の公開株数や吸収金額、事業内容、成長性などが初値形成の主たる要因となります。こうした事もしっかりと分析してIPO投資を行ってくださいね。

「人気が高いIPO銘柄=初値が高騰」それはどんな特徴の銘柄?

2018.10.09

公募割れを起こすIPO銘柄の4つの特徴~その後も分析~

2018.03.12

IPOでは目論見書のここを閲覧すべし!チェックすべき9つの項目とその見方

2018.03.12

まとめ~2019年の新年一発目のIPOはどうなる~

2019年新根第一弾IPO

この記事の執筆時点(2018年12月19日)では、2019年のIPOの承認はまだありません。上場日のおよそ1ヶ月前に上場承認が発表されるので、2019年1月20日あたりまではIPOがないという事になります。

つまり、2019年の新年第一弾IPOも前年最終上場のIPO(2018年12月25日上場の株式会社リンク等)から間隔を大きく空けての上場となります。30日以上の間隔は空く事になりそうです。

そのため、2019年の新年第一弾のIPOにも今回紹介した初値高騰の傾向が当てはまります。そうした事から、2019年の新年第一弾のIPOにも大きな期待が持てます。上場承認発表が非常に待ち遠しいですね。

なお、第一弾IPOが発表されるまでただ待つのではなく、どの証券会社が主幹事・幹事になっても抽選に申し込む事ができるように準備を整えておきましょう。以下に主幹事・幹事実績のランキング記事を載せておくので、参考にしてください。

どこが多い?IPOの主幹事・幹事実績ランキング2018

2018.07.17
スポンサーリンク